第6話 ペルーの京都?インカ帝国の首都クスコへ【南米一周バックパック旅】

南米一周バックパック旅

Boa tarde!!!

前回までペルーの首都リマを見てきましたが、今回はいよいよマチュピチュ遺跡のお膝元である、世界遺産の街「クスコ」に向かいます。

以前紹介した、チリのバルパライソといい、街全体が世界遺産になっているところも世界には数多く存在していますね。

そこに行くだけで歴史や文化を感じることができる、そんなクスコを今回は実際に現地の様子も交えながら紹介していきたいと思います。

インカ帝国の首都クスコ

リマからクスコへ向かう飛行機からの景色海岸線がめちゃくちゃきれい!

まず簡単にクスコについて紹介したいと思います。

クスコの場所と行き方

クスコは、ペルーの首都であるリマから飛行機で約1時間半、南東に約1100㎞いったところにあります。

バスで行くこともできますが、今回は他の日程と飛行機の価格も5000円程度とそれほど高くはなかっため飛行機を利用しました。

バスで行く場合約20時間以上かかります💦

しかし、クスコは標高約3400mの高地にある街なので、飛行機で行く場合、急激な高度の変化によって高山病のリスクが高まります。

日本で一番高い富士山の標高が3776mということを考えるとイメージがしやすいかと思います。

バスと飛行機のメリットデメリットは以下のようになります。

バス

①移動時間は20時間以上と大変だが、リマから少しずつ標高が上がっていくため、高地への対応がしやすい。

②ペルーのその他の観光地(イカやナスカの地上絵)などを巡りながら回ることで旅を効率的に進められる。

飛行機

②圧倒的にかかる時間が短いため、移動時間をできるだけかけたくない、クスコ、マチュピチュ以外には興味なし!という方にはおすすめ

②平地から富士山級の高地に一気に上がることになるため、高山病のリスクが高まる。

金額に関してはそれほど変わらないので、自分自身の旅程や体調と相談して決めるのがいいと思います。

クスコの概要

クスコとは、ペルーの南東にあるクスコ県クスコ市のことを指します。冒頭でも説明しましたが、クスコ市はアンデス山脈中、標高3400mの位置にある街です。

クスコとは、インカ帝国の公用語であったケチュア語で「へそ」という意味で、インカ帝国の首都=「へそ」と考えるなんとなく納得できますね。

現在は、世界遺産であること、マチュピチュ遺跡に向かう上では必ずと言っていいほど立ち寄る中継地点になっていることもあり、ペルー有数の観光地になっています。

では、実際のクスコ市内の様子を実際の写真とともに紹介していきます。

クスコ市内の様子

この写真の奥に見える茶色っぽい大きな建物がサント・ドミンゴ教会。かつては太陽の神殿と呼ばれる場所で、インカ帝国時代は太陽神を祀る場所として重要な役割を果たしていました。

また、太陽神以外にも月の神や創造神なども祀っていました。

その石組みはカミソリの刃1枚通さないと言われているほど精密です。

こちらが石のパネル?でできたクスコの街の様子を描いた絵。

個人的には左上に虹があるのが好きなポイントです。

道路はほとんどが石畳になっています。車で通るとガタガタ揺れるので、乗り物しやすい人は注意してください!

まぁ、そんなにスピードも出せないので心配し過ぎなくていいですけどね笑

こちらはクスコの中心にあるアルマス広場(Plaza de Armas)です。

こちらはカテドラル(大聖堂)。南米の国々はキリスト教徒が多いため、街の大小に関わらず、街の中心には大聖堂があることが多いです。

まとめ

今回は、マチュピチュ遺跡へ向かう上で必ずと言っていいほど訪れるクスコについて紹介しました。

マチュピチュというとすぐにイメージできる方も多いかとは思いますが、クスコについてはそれほど知らない、もしくは名前も知らなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、マチュピチュ遺跡への経由地にするにはもったいないぐらい魅力のある場所だと思います。

街を歩けば、インカ帝国時代の歴史的建造物を見ることができ、そこでしか感じられない雰囲気があります。

実はこのクスコ市は、日本の京都府と姉妹都市提携を結んでいます。

日本、ペルーそれぞれの古都同士が姉妹都市になっているというのはとてもロマンがありますし、日本人の私たちにとっては、クスコがどんなところかというのがイメージしやすいんじゃないかなと思います。

ちなみに、僕はクスコのことを敬意を込めて「ペルーの京都」と呼んでいます。

日本から行くとなると、飛行機で1日以上と長旅になること確定ですが、それだけの苦労をしても行く価値のある場所だと感じました。

特に、歴史的建造物やインカ文明などの歴史そのものが好きな人にはおすすめなので、もし今後機会があればぜひ、ペルーのクスコに行ってみてはいかがでしょうか。

次回、いよいよマチュピチュ遺跡、の麓の村「マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)」に向かいます!!

マチュピチュ遺跡まであと少し!

かと思いきや、この道のりがスーパーハードになるとはまだ知る由もなかった、、、

今まで、飛行機移動でどれだけ楽をしていたのか思い知らされることになるとは、、、

その話はまた次回!!

それでは今回はこの辺で!Até mais ✋

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この投稿が少しでもいいなと思った方はいいね、シェアお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました