休みの日をなくしました。【時間を無駄にしたくないなら休みの日をなくせばいい】

LIFE

この記事は、休日に何もせずに時間を無駄にしてしまうことがある方にお勧めの記事です。

Olá Boa tarde!!!

みなさんの休みの日はどのように過ごしますか??

  • 映画やドラマなどを観て過ごす
  • 買い物に行く
  • 友人や家族と外出

といった過ごし方がある一方で、

  • なんとなく一日をゴロゴロと過ごしてしまう

なんてこともあると思います。一日中寝てしまって、気づいたら夜になっているなんてことも、、、

僕は一日中寝るということはほとんどありませんが、

特に大学生時代なんかはなんとなくゴロゴロと一日を過ごして、気づいたら夕方になっているなんてことがしょっちゅうありました。

もちろん、体を休めることは重要ですが、一日中ゴロゴロと過ごした日って、逆に疲れが溜まっているなんてこともあります。

そうならないために、僕自身が少し意識するようになったことについて今回は紹介します。

あくまで、僕がやっていることなので、何か科学的根拠があるとか、誰にでも効果的というわけではありませんが、

僕自身、ちょっとした意識の変化で時間を無駄にしてしまうことが減ったので、

何かしらみなさんの参考になれば幸いです。

それではいきましょう!!

休みの日(休日)とは

まず、休みの日(休日)の定義ですが、一般的に以下のようなものだと思います。

休日(きゅうじつ)とは「休みの日」のことであり、業務・授業などを休む日である。辞書「広辞苑」では「休日」の2番目の意味として、特に日曜日や国民の祝日(≒各国の法定の祝日)など、という説明をしている

Wikipedia

つまり、休みの日=仕事や学校の授業が無い日、日曜日や国民の祝日を指すということですね。

ただ、サービス業などは日曜日こそ忙しかったり、個人で仕事をされている方も増えてきているので、

日曜日、祝日=休みの日

という意識はだんだん減りつつあるような印象です。

僕の現在の仕事はサービス業なので、土日が忙しくて、平日が仕事のない日ということが多いです。

なぜ、休みの日にゴロゴロしてしまうのかを考えた結果、、、

休みの日にゴロゴロと特に何もせずに過ごしてしまうのかということを考えた結果、こんな考えに至りました。

 

 

 

 

 

 

 

「休みの日にゴロゴロしてしまうなら、初めから休みの日を無くしてしまえばいいんじゃないか」

・・・

とうとう頭がおかしくなったのかと思わずに読み進めていってほしいのですが、(笑)

休みの日」というと、なんとなく

「仕事(学校)がないからゆっくりできる日!やったー!」

っていう感覚になりませんか?

ただ、よく考えてみてください。休みの日に全く仕事や学校のことを考えない日はありますか?

仕事の資料をまとめたり、学校の宿題があったり、結局、普通の日と変わらないことしてませんか?

唯一の違いはその「時間」です。

休日にやるべきことはあっても、平日に比べたら時間的には少ないことがほとんどだと思います。

その代わりに休み時間は圧倒的に多いです。

そこで、僕は“休みの日”を無駄にしないためにその「時間」という点を意識するようにしました。

その結果、仕事がない日でも自分の中で休みの日を無くして、一日を無駄に過ごすということは無くなりました。

その点について少し解説します。

休みの日から休み時間へ

仮に仕事がない日でも休みの日という感覚を無くしたという話をしました。

とはいえ、人間、365日休みなしで活動し続けると体調を崩してしまい、最悪の場合は病気に繋がってしまうこともあります。

なので、僕は休みの日を

他の日より休み時間が長い日と捉えるようにしています。

例えば、次の二つのパターンだとどっちが時間を有効的に使うことができるでしょうか。

1、今日は休みの日だから家でゆっくり過ごそう  

2、今日は休むために、13時から1時間昼寝をして、夜は23時までにベッドに入ろう。

なんとなく1の方がぼんやりとしたイメージがあり、一日を無駄にしてしまうような印象がありませんか?

1の典型的なパターンがこうです。

今日は休みの日だから、とりあえず昼まではゆっくりするか⇒お昼ご飯を食べて少し眠くなったから、昼寝でもするか。⇒もう夕方か。今日何もしてないな。

これを見て、ちょっとギクッとした人もいるんじゃないですか?

安心してください、僕もしてます(笑)

では、一方で2の方はどうでしょう。

ここまで明確に時間設定をする必要はありませんが、その日で考えるのではなく、時間で考えることで、1にあったぼんやりとしたイメージが無くなりました。

休みの日に夜更かしする人も結構いると思いますが、僕は休みの日こそ早く寝るようにしています。

だって、休みの日の方が日中に色んな事に取り組める時間があるので、夜になる頃にはある程度やるべきことに取り組めていると思います。

そしたら、結果的に夜はゆっくり休めるし、日中にやるべきこと、やりたいことを済ませれば時間を無駄にしてるなという感覚は全く無くなります。

もちろん、それぞれの生活スタイルによって多少の違いはあるとは思いますが、

重要なのは、その日で考えるか一日の中の時間で考えるかです。

休みの日と考えてしまうとその一日が完全なOFFの日のようになってしまいますが、

一日の中で、この時間は休み時間にしようと考えると、その他の時間は休む時間ではないから何かをする時間にあてようかなという気持ちになります。

やることは正直何でもいいと思います。

ただ、一点だけ注意すべきなのはその一日が終わったときに何かプラスになることをすること。

休み時間以外の時間でも家でゴロゴロしてたら元も子もないですよね(笑)

家の掃除でも、友人や家族と出かけるでも、何か勉強するでも、ちょっと散歩するでもいいと思います。

今回の記事のポイントはあくまでも

休日に何もせずに時間を無駄にしてしまうということをなくすこと

です。

おそらくこの記事を読んでいる人は、休みの日を無駄にしてしまうことがよくある人だと思います。

まずは、休みの日というぼんやりとしたイメージではなく、一日を時間で区切って、「今日はいつもより休み時間を長くとろう」と考えると、自然と時間を無駄にしてしまうことは減っていくと思います。

最初のころは休みの日を休み時間で捉える感覚がよく分からないかもしれませんが、慣れてくれば随分と気持ち的には楽になりますし、思ったより休み時間が多いことに気づきます。

その時間を有効活用することで、色んなスキルが身に付けれて、本当の意味での「休みの日」が手に入るかもしれませんね。

まとめ

今回は、「休みの日をなくしました。【時間を無駄にしたくないなら休みの日をなくせばいい】」について解説しました。

休みの日の過ごし方は人それぞれだと思いますが、その過ごし方次第で何倍もその価値を高めることが出来ると思います。

自分の中で休む時間を確保しながらも、しっかりと自分や周りのための時間も確保する。

これが、理想的な“休みの日”の過ごし方かなと僕自身は考えています。

同じ仕事をやっている人と差をつけるポイントは休み時間の使い方です。

何事もそうだと思いますが、そのことにかけた時間というのは後々、必ず影響してきます。

目指せ!!!脱ゴロゴロ休みの日!!!

使え!!!有効休み時間!!!

で周りの人と違いを作って、人生もっと楽しく生きていきたいものですね。

最後に改めていっておきますが、これはあくまでも僕個人の考え方、方法であって絶対的な正解ではありません。

なので、あくまでもこれは一つの参考として、自分に合ったやり方を探していただければと思います。

それでも見つからないという方は、一度、今回紹介した「休みの日を無くす」という方法に取り組んでみるのもいいと思います。

この方法が、少しでも休日に何もせずに時間を無駄にしてしまうことがある方の参考になれば幸いです。

それでは今回はこの辺で!Até mais✋

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この投稿が少しでもいいなと思った方はいいね、シェアお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました